HOME » 相模原の注文住宅にまつわる家事情を徹底調査 » プランニング・契約から引き渡しまでの流れ

プランニング・契約から引き渡しまでの流れ

相模原で注文住宅、建設作業はどのような流れで行われる?

本ページでは、相模原での注文住宅造りの流れについて、一般的な例として各工程ごとに解説していきたいと思います。

【1】打ち合わせ/計画
注文住宅の場合には欠かせない作業です。まずは、ご家族でどのような家を求めているのか、どんな暮らしがしたいなどの意見を、じっくりと話し合ってみましょう。そこから、理想の家づくりのイメージが出来ていくはずです。その上で、専門家の意見やアドバイスを求めるとスムーズに事が運びます。

ただし、漠然としたイメージしかないという場合でもさほど気にする必要はありません。良心的かつ実績豊富な業者であれば、経験と知識を基に、最適なプランを提案してくれます。もちろん施主の予算に合わせることも重視してくれるはずです。逆に、施主の意向や予算を無視して業者主導のプランを押し付けてくるような手合いは要注意です。

【2】資金計画を立てる
頭金の準備や住宅ローンの選択など、資金計画は注文住宅づくりに不可欠な作業です。しっかり綿密に計画を立てるべきです。より詳しくは、「注文住宅購入Q&A【住宅ローンなど基礎知識まとめ】」のページをご覧ください。また、地域に根ざして長年の実績のある業者であれば、金融機関との信頼関係を築いていて、各種のサポートを期待できる場合もあります。

【3】土地を探す
既に土地を所有している場合はさておき、土地探しも重要なプロセスです。施主がご自身で不動産業者をあたる方法が一般的ですが、業者によっては土地売買の仲介業務も行なっており、土地探しと物件建築をワンストップで依頼できるところも。そうした業者であれば、施主のトータルな予算に合わせた土地と建物をセットで提案できるという強みも期待できます。

【4】契約~着工
上記の計画が整い契約を結んだら、いよいよ物件の建設が着工します。一般的には開始時には地鎮祭、途中には上棟式なども行われます。また、近隣住民への挨拶なども不可欠。良心的な業者であれば、そうした各種の対応も抜かりなく行なってくれるはずです。また、時間の許す限り、現場に足を運んでみるのもよいでしょう。自分の家が出来上がっていく過程を見ていくのは、それだけでも心躍るものです。

【5】完成~検査~引渡し
物件が完成し、第三者機関による各種の検査が完了すれば、施主立会いのもとで説明と引渡しが行われます。待ちに待った新居での生活がいよいよスタートです。床や壁などに汚れやキズがないか、建具がスムーズに動くかなどをしっかり確認しましょう。もし不具合があれば、それをいつ修理するのかを明確にしておくことが大切です。

【6】アフターサービス
注文住宅の完成引渡し後の点検やアフターサービスなどの対応は、業者によって様々です。良心的な業者であれば、「完成引渡し後からが、本当のお付き合いの始まり」という趣旨のもと、手厚い体制を整えているはずです。

以上が、注文住宅建設の一般的な流れになります。業者によっては、順番や対応が異なる場合もあるやもしれません。その場合、しっかりとした理由や説明があるかどうかも重要です。

相模原のおすすめ
注文住宅メーカー3選

  • 石田工務店 石田工務店

    限られた予算で、できるだけ品質の高い家をつくりたいならここ!地域で50年の歴史を持つ石田工務店では、1000万円台からの注文住宅が可能です。

    石田工務店の詳細

  • ビルドアート ビルドアート

    併用住宅や自然素材の住宅などさまざまなニーズに対応!仕上がりの高さやアフターフォローの充実さが評判です。

    ビルドアートの詳細

  • プリンシパルホーム プリンシパルホーム

    住宅情報雑誌への掲載も多いデザイン力の高い業者。ローンシミュレーションやファイナンシャルプランニングなどの相談にも対応できます。

    プリンシパルホームの詳細